ちょっと年上の現役サラリーマンから新卒社会人へ

新入社員にとっては同僚の顔が見えない不安がある一方、組織のムダも減り良い面も

新年度を迎えました。

新卒で新たに入社された方はおめでとうございます。

筆者が務める会社ではコロナ下ということもあり、一部の職種を除いてリモートワークが中心となっています。

以前と比較してなかなか同僚の顔が見えず、職場の雰囲気も肌で感じづらい中での入社ですので不安に感じられている方もいるのではないかと思います。

一方で新入社員の方にとっては今の時代に入社して良い面もあるのではないかと思います。

コロナの感染拡大を経験して、働き方もより生産的になり、会社で働く人の価値観もより合理的になったように感じます。

少なくとも筆者が勤めている会社では今から振り返ってもやはり無駄に思えるようなことは確実に減ってきていると感じています。

この今から振り返ってもやはり無駄に思えるようなことは会社色に染まっていない純粋な新入社員を時に苦しめることがあります

筆者の場合はこれまで組織が作り上げてきた慣習に対して、疑問を持つこと自体がまだまだ未熟だからとみなされる場面も多くあったように感じます。

新入社員にとって大企業あるいは配属された部署の同調圧力というのは想像以上のものがありますし、人間には適応力がありますので原因自分論で考え、次第に疑いを持たなくなることさえあります

自分自身振り返ると思い当たる節がありまして、具体的には以下のような経験をしましたが、今ではもう既になくなっています。

  • 昼食はコミュニケーションを取るために必ず内勤している課員全員で外食
  • 新入社員は毎年恒例の忘年会を主催し、一発芸を披露(筆者はイヤでイヤでしょうがなかったです)
  • 毎日日報を書き、業務時間中は業務を覚えるために定時後に日報を書くことが望ましい
  • 顧客への訪問回数を部の目標にする

もっと極端な例だと、今、筆者が所属している組織ではコロナが流行るまでは毎日通勤時間をかけて出社をする働き方に対して、疑問を持つ人はあまりいなかったように感じます。

会社色に染まっていない純粋な新入社員時代に感じた疑問というのは意外と大事な視点であることが多く、今振り返るとその時感じた疑問も組織が進化して結構解消されているなと思うものが多いです。

新入社員が純粋に疑問に持つようなことを取り上げて改善することで、組織はもっともっと良くなると思います。

筆者は少し年上の先輩として、組織がこうだからとか、今までがこうだからではなく、新入社員の新しい視点にも耳を傾けたいと思いましたし、新入社員の方には、その時感じたことは今後勤続年数が経っても大切にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA