【VXUS】Vanguard(バンガード)の米国を除く全世界株ETF

米国を除く市場への投資をどう考えるか(VXUS vs VWOなど)

ポートフォリオの国際分散を考える時に、全世界株1本に投資、先進国と新興国を分けて投資、日本を除く全世界株と日本株を分けて投資など色々方法があります。

筆者のようにポートフォリオの大半を米国株が占めている場合、米国を除く地域にも投資をするためにVXUSをサテライトとして保有することも選択肢になります。

今回はVXUSについて紹介をします。

米国以外の投資先として米国に成長性が劣る他の先進国を排除して新興国ETFのVWOを選択するか、米国だけを除くVXUSなどのETFを選択するは投資家によって好みが分かれるかもしれません。

この記事では、同じ米国を除く全世界株ETFのVEUとの違いについても触れます。

また、VXUSとVWOの値動きの違いにも触れます。

VXUSファンド概要

バンガードトータルインターナショナルストック<除く米国>ETF(Vanguard Total International Stock ETF)は、FTSE Global All Cap ex US Indexのパフォーマンスに連動するように設計された米国籍のETFです。

米国を除く先進国および新興国の株式市場の98%をカバーしています。

このインデックスには、50か国にある5,300を超える企業の株式が含まれています。

似たファンドでバンガードFTSEオールワールド<除く米国>ETF(VEU)というのがありますが、これも米国を除く世界の先進国および新興国株式市場に投資をしますが、カバー率がVXUSと比較すると少し絞られており、米国を除く50ヵ国の約2,200銘柄で構成されています。

しかし経費率は0.08%で同じですし、過去のパフォーマンスもほぼ同じ結果です。

TickerVEUVXUS
名称 VG FTSEオールワールド(除く米国) ETFVG トータル Intl ストック(除く米国) ETF
基準価額
(米ドル)
49.40
(2022/08/31)
51.10
(2022/08/31)
投資対象※米国を除く全世界の先進国株式市場および新興国株式市場
大型株、中型株
時価総額の95%以上をカバー
米国を除く全世界の先進国株式市場および新興国株式市場
大型株から小型株
純資産総額
(百万米ドル)
31,056.43
(2022/08/31)
46,723.4
(2022/08/31)
設定日2007/03/022011/01/26
分配利回り3.84 %3.89 %
経費率0.07 %0.07 %
構成銘柄数3650
(2022/07/31)
7819
(2022/07/31)
※https://www.vanguardinvestor.co.uk/

純資産額はVXUSに軍配が上がります。

VEUについては以下の記事を参考にしてください。

【VEU】Vanguard(バンガード)FTSEオールワールド(除く米国) ETF

VXUS=VT-VTIを検証

VXUSを組み合わせた世界分散としては概ね以下のような式が成り立つのではないかということで検証してみました。

VT=VTI+VXUS(全世界株式市場全米株式市場米国を除く全世界株式市場

言い換えると

VXUS=VT-VTI(米国を除く全世界株式市場=全世界株式市場-全米株式市場)

バンガード トータル ワールド ストックETF(VT)

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(Vanguard Total World Stock Index Fund ETF)は、米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象とし、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指す。同インデックスは全世界の大型、中型、小型株の市場パフォーマンスを測定し、先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されている。

バンガード トータルストックマーケットETF(VTI)

バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market Index Fund ETF)は、グロースおよびバリュースタイルに分散した大型株、中型株および小型株へ投資対象とし、CRSP USトータル・マーケット・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指す。同インデックスは米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーする。

SBI証券

VXUSとVWOの重複を検証

米国以外の投資先として今回紹介しているVXUSと、米国に成長性が劣る他の先進国を排除した新興国ETFのVWOとで好みが分かれるかもしれませんので、VWOとの重複も見てみました。

バンガード FTSEエマージングマーケッツETF(VWO)

バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(Vanguard FTSE Emerging Markets Fund ETF)は、FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・インデックス(同インデックス)に連動した投資成果を目指す。同ファンドは、インデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用を行い、実質すべての資産をインデックスに含まれる株式に投資する。同インデックスは時価総額加重インデックスで、全世界の新興国市場の大型株・中型株・小型株のパフォーマンスを表し、対象国にブラジル、ロシア、インド、台湾、中国、南アフリカを含む。

SBI証券

VXUSとVT、VTI、VWOの重複検証結果

今回は以下の2つの視点で検証しました。

①組入銘柄数として何%重複しているか

例)
100銘柄で構成されているETFのうち40銘柄が比較対象ETFの投資対象と重複している場合、40%が投資対象と重複しているものとして集計

②構成比率として何%重複しているか

例)
100銘柄で構成されているETFの60%の構成比率を占めている40銘柄が比較対象ETFの投資対象と重複している場合、60%が比較対象ETFと重複しているものとして集計

ETF Research CenterのFund OverlapでもOverlap割合を出すことができますが、当ブログでは上記の定義で重複銘柄割合を算出しています。

結果は想像していたほど、きれいなVXUS=VT-VTIの式ではありませんでした。

ただやはりVTIとVXUSは重複がありませんでした。

①組入銘柄数として何%重複しているか

②構成比率として何%重複しているか

VTの組入名柄の数で見た時に、VTIはVXUSと比べて少ないですが、構成比率で見た時に組入銘柄の数ではVXUSに劣るVTIがVXUSを凌駕していることが分かります。

全世界株式市場に占める米国株式市場の存在の大きさを表していますが、世界の時価総額に占める現在の米国の割合を考えるともう少し占める結果を予想していました。

なぜVTI+VXUS=VTにならないのかは不明でした。

VXUSとVWOとの重複についても触れておくと、組入銘柄数で見ると、VXUSの組入銘柄数に占めるVWO構成銘柄の割合は約4割となりますが、VXUSの構成比率に占める割合は約1割に留まっています。

現状、VXUSで銘柄数の割に大きな構成比率を占めているのは、日本や欧州などの先進国ですが、今後も中国やインドなどの新興国が世界経済での存在感が増してくることが想像されますので、構成比率がどの様になってくるのか注視する必要があります。

地域別比率

現状ヨーロッパ、パシフィック、新興国で3等分するような比率になっています。

今後、中国やインド、インドネシアなど、人口が多く成長著しい国の時価総額も大きくなってくることが想定され、米国を除く世界の株式市場において新興国株式市場の存在感がますます大きくなり、値動きもより新興国株式市場に引っ張られるようになってくるのではないかと予想しています。

VXUSに投資をすれば、米国以外の世界の株式市場の成長サイクルも取りこぼすことがありません。

スポンサーリンク

国別比率

現状我が国、日本が一番比率としては大きくなっています。

既に記載したとおり、今後中国に加え、まだ労働生産人口が増えているインドやインドネシアなどは成長性に加え人口・市場規模の観点からも存在感が大きくなってくるものと思われます。

組入国割合
日本15.4%
イギリス10.4%
中国8.4%
カナダ7.8%
フランス6.2%
スイス6.0%
オーストラリア5.2%
ドイツ4.6%
台湾4.5%
インド4.4%
韓国3.5%
オランダ2.5%
香港2.0%
スウェーデン2.3%
ブラジル1.6%
デンマーク1.6%
イタリア1.5%
サウジアラビア1.3%
スペイン1.4%
南アフリカ1.0%
シンガポール0.9%
フィンランド0.8%
ベルギー0.7%
メキシコ0.6%
タイ0.7%
インドネシア0.5%
イスラエル0.5%
マレーシア0.5%
ノルウェー0.6%
アラブ首長国連邦0.4%
クウェート0.3%
カタール0.3%
チリ0.2%
アイルランド0.1%
ニュージーランド0.2%
フィリピン0.2%
ポーランド0.2%
オーストリア0.2%
コロンビア0.1%
ギリシャ0.1%
その他0.1%
ポルトガル0.1%
トルコ0.1%
Vanguard 2022/07/31

スポンサーリンク

組入上位銘柄

以下はTop10銘柄です。

ヴァンガードのホームページでは毎月月末時点のTop10銘柄が更新されます。

我が国ではトヨタが組入上位銘柄になっています。

TOP10銘柄VXUS
Nestle SA1.22%
Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd.1.49%
Roche Holding AG0.84%
Tencent Holdings Ltd.0.84%
Samsung Electronics Co. Ltd.0.81%
ASML Holding NV0.80%
AstraZeneca plc0.74%
Shell plc0.72%
Toyota Motor Corp.0.71%
Novo Nordisk A/S Class B0.66%
Vanguard 2022/07/31


過去のパフォーマンス

過去のリターンを比較してみました。

水色がVTI、黄色がVT、青がVXUS、紫がVWOになります。

VXUSの設定日(2011/1/28)を基準として、以降の価格変動を%で示しています。

2010年代は米国株のリターンが良かった時代になります

リターンとしてはVTI(全米株式市場)>VT(全世界株式市場)>VXUS(米国を除く全世界株式市場)>VWO(新興国株式市場)という結果になっています。

VTの値動きは、新興国と比較して比率が大きな全米の株式に引っ張られており、2010年代の全世界株式のリターンは米国株式が牽引していたと言っても過言ではありません。

残念ながら新興国が米国をアウトパフォームしていた2000年代はまだVXUSが設定されていませんでしたし、当時中国をはじめとする新興国の経済規模が現在ほどで大きな存在ではありませんでした。

現在世界第2位のGDPを誇る中国も2000年代はまだ現在の位置ではありませんでした。

そのため、将来新興国が米国をアウトパフォームするサイクルに入った際にどのような値動きになるのかは過去の値動きを参考にすることはできません。

ただ、VXUSが連動を目指しているFTSE Global All Cap ex US Indexについては2000年代前半からの値動きを遡ることができたので、以下の記事で紹介をしました。

興味のある方は見てください。

VXUSが連動を目指しているFTSE グローバル・オールキャップ(除く米国) インデックスの長期値動き

いかがでしたでしょうか。

VTだけで世界分散をしても良いと思いますが、筆者のように米国株に資産が集中しがちな個人投資家はVXUSを保有することで、米国以外の資産もバランス良く持つことができます。

良心的な経費率ですし、純資産額は意外にも日本人には比較的馴染みがあり、筆者も保有しているバンガード米国高配当株式ETF(VYM)よりも大きな額です。

今回の内容が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA