(事故して思うこと)自動車保険はロードサービスもチェックして比較したい

車の保険を安さで選ぶ場合もそうでない場合も比較しよう

最初に自動車保険を選ぶ時、何を重視してどの保険を選べばよいのかよくわからず、とりあえず保険料を安く抑えられる保険会社を選択するという人も多いのではないでしょうか?

筆者も実際その一人でした。

人は普段から事故をすることなど考えていませんので、事故をした時にどのような補償がついていれば安心なのか中々想像できないのではないかと思います。

そして、いざ事故をした時に頭が真っ白になります(経験談)。

保険を選ぶ時に保険料を一番安く抑えられる保険を選ぶというのも、当然アリな保険の選び方だと思いますし、結果的に事故をしなければそのような保険の選び方が最適解ということになります。

保険料の安さで選ぶ場合も補償内容に注目して選ぶ場合も、1、2社思い浮かぶ保険会社を調べて決めるのではなく、できるだけ多くの保険を比較するようにしましょう。

保険料の安さだけで選ぶわけではなかったとしても、以下のような無料でできる一括見積りサービスを利用することで、各社の保険料だけではなく、補償内容、サービスなども一度に情報を取り寄せられ、簡単に比べて選ぶことができます。

自動車保険一括見積もり

上記の自動車保険一括見積りサービスでは最短5分で、最大21社もの見積もりが、一度に取り寄せられますので、より良い条件の自動車保険を見つけるのに十分な比較ができます。

初めて自動車保険を検討している人だけではなく、自動車保険の見直しにも利用価値のあるサービスになります。

事故を経験して感じたロードサービスの大切さ

筆者は学生の頃、慣れない雪道でスリップをして車を廃車にしてしまったことがあります。

同乗者をケガさせてしまう可能性があり、さらにひどい場合は死なせてしまう可能性があったかと思うと、今考えてもゾッとしますし、非常に苦い思い出です。

その時、車はレッカーでしたが、車に乗っていたヒトは暫くどうやって帰ったらいいのだろうという感じになりました。

不幸なことに、スリップ事故を起こしてしまった場所は、県を跨ぐほど自宅から遠い距離でしたし、かなり田舎でしたので公共交通機関を使って帰宅をするとしてもかなりの時間と労力がかかることが想定されました。

最終的にその時は友人が遠方から車で迎えに来てくれました。

事故をして心の余裕がない時に迎えに来てくれた友人には、今思い返しても感謝しかありません。

事故をした時に、事故車をどのように運んで修理に出すのか、事故現場からどのように帰るのか、意外に保険を契約する時にシミュレーションをしないものです。

車の損傷具合によっても対応が変わってきます。

事故現場がどれくらい自宅から離れているかどれくらい公共交通機関が発達している場所なのかによっても対応が変わってきます。

この1年で車を電柱にぶつけてしまうことがありました。

その時はリアバンパーが損傷してしまっただけなので、レッカーは必要なく、自分で事故車を運転して帰宅することができましたし、後日、自分で運転して修理に出すこともできました。

一方で、筆者が学生時代に経験した車を廃車にするほどの損傷の場合、レッカーが必要でした。

また、既に記載したとおり、 自宅から遠い距離でしたし、かなり田舎で公共交通機関が十分にありませんでしたので、この場合、レンタカーや帰宅に関する保険のサポートがあると安心です。

保険の無料ロードサービスの内容もチェックしておこう

保険についているロードサービスの内容もあらかじめ確認しておきましょう。

筆者が契約している任意保険の場合、 保険会社が指定する最寄りの修理工場までの車のレッカー移動なら距離の制限がなく、自分が指定した修理工場までの場合は50kmまでが無料です。

ちなみに50kmの距離がどれほどのものかというと、以下の地図で東京駅を中心とした赤い円の範囲内が半径50kmの距離になります。

東京駅からですと直線距離で江ノ島や鎌倉がギリギリ範囲内の距離ですね。

筆者が契約している任意保険の場合、ロードサービスが無料でついており、使用したとしても保険料や等級に影響はありません。

修理工場までレッカー移動をして、 修理後車両を受け取るまでの保険会社のサポートも確認しておきたいところです。

実際、筆者が契約している自動車保険でも修理後車両搬送・引取費用サービスがありますが、これも保険会社が指定する修理工場で修理をした場合のみになります。

筆者の場合、自分で選んだ整備工場で修理をしたので対象外と言われた経験があります。

レンタカー特約もチェックをしておこう

車を修理している間、代車が必要となる場合があります。

任意保険にレンタカー特約についても確認しておきたいところです。

筆者が契約している保険の場合、24時間レンタカー費用が無料でついていますが、事故車の修理は数日に渡る場合も多いですので、無料の修理期間中の代車としては使えません。

自動車保険の条件・見積もり一括比較

ここまで記載したとおり、事故が起きた時にレッカーが必要になるケースや、帰宅困難者になるケース、修理車両を受け取るということまでイメージした上で、必要な補償が備えられた保険を選ばなくてはなりません。

以下のインズウェブという自動車保険一括見積もりサービスでは各社の保険料だけではなく、補償内容、サービスなども簡単に比べて選ぶことができます。

インズウェブは保険代理店ではありませんので、特定の保険をお勧めされることはありません。

自動車保険一括見積もり

最短5分で、最大21社の見積もりが、 すべて無料で一度に取り寄せられます。

一括見積もりを利用しないことで、 保険料、補償内容、サービス面でより良い条件の自動車保険を見逃してしまっている可能性があります。

初めて自動車保険を検討している人だけではなく、自動車保険の見直しにも利用価値があり、一括見積もりで簡単に安い保険会社を見つけられ、家計の節約にもつながります。

今回の内容が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA