伊藤忠商事(8001)業績とキャシュフローマトリクス

伊藤忠商事 (8001)

伊藤忠商事は非財閥系の雄とも呼ばれる、大手総合商社になります。

資源高を背景に2022年になってから、世界的な株安を後目に堅調な株価の推移を示しています。

赤が伊藤忠商事、緑がTOPIX、青がS&P500の2022年年初来の株価推移になります。

以下が事業セグメント別純利益の推移になります。

伊藤忠は「繊維」、「機械」、「金属」、「エネルギー・化学品」、「食料」、「住生活」、「情報・金融」の7つの業種や商品を軸としたディビジョン・カンパニー制をとっていました。

2019年から第8カンパニーが新設されました。

第8カンパニーは既存の7カンパニーに対して横串で協業や異業種融合を行い、新たなビジネスを創出したり、新規の顧客を開拓したりします。

伊藤忠は傘下にファミリーマートなどの有力企業を有し、生活消費分野に強みがあります。

消費者接点を活かしたビジネスの推進を行います。

総合商社は良くも悪くも資源価格の推移に左右されます。

最近の資源高は追い風になりましたので、筆者の場合、インフレ対策の分散投資先として魅力を感じています。

資源高の追い風を受ける一方で伊藤忠は総合商社の中でも比較的、資源依存度が低めの事業ポートフォリオになっています。

過去からのセグメント別純利益の推移を見ても、非資源分野を強化してきていることがわかります。

株価も総合商社の中ではきれいな右肩上がりになっています。

赤:伊藤忠(8001)、青:三菱商事(8058)、緑:三井物産(8031)、紫:住友商事(8053)、黄:丸紅(8002)

また、高配当利回に加え、後ほど紹介する株主還元方針にも魅力を感じて投資をしています。

業績

貸借対照表(B/S)

以下は、伊藤忠のバランスシートです。

流動資産が流動負債を上回っているので短期負債の資金ぶりが問題になることはなさそうです。

伊藤忠は株主から集めたお金を使ってしっかりと利益があげられています。

自社株買いを通じた株主還元も実施していることがわかります。

自己株式(百万円)-181,360
利益剰余金(百万円)3,238,948
純資産合計3,870,240

Google Chart Tools サンプル

有価証券報告書より作成

損益計算書(P/L)

以下は、伊藤忠の損益計算書です。

Google Chart Tools サンプル

有価証券報告書より作成

売上高・営業利益・営業利益率・純利益

営業利益率は5%前後となっています。

Google Chart Tools サンプル

ROA(総資産利益率)とROE(自己資本利益率)

以下は、ROAとROEで伊藤忠の収益性を折れ線グラフで示しています。

Morningstar(ValuationのKey Statistics)より作成

  • ROE(%)= 当期純利益 ÷ 自己資本
  • ROA(%) = 当期純利益 ÷ 総資産

自社株買いを積極的に行っている企業の場合、純資産が減り自己資本比率が低下するのでROEが高くなります。

また、配当による株主還元を積極的に行っている企業は現金(内部留保)を減らすことになり、財務レバレッジが向上するので、ROEが高くなります。

財務レバレッジ=総資産/自己資本ですので、ROA(%) = 当期純利益/総資産に財務レバレッジをかけ合わせると、当期純利益/総資産 × 総資産/自己資本= 当期純利益/自己資本 = ROEとなります。

つまりROEはROA × 財務レバレッジということになります。

ROIC(投下資本利益率)とCFROI(投下資本キャッシュフロー率)

貸借対照表の有利子負債と株主資本を合わせた投下資本に注目をしてみました。

Google Chart Tools サンプル
  • ROIC(%)= 税引後営業利益 ÷ 投下資本(有利子負債 + 株主資本)
  • CFROI(%) = 営業CF ÷ 投下資本(有利子負債 + 株主資本)

ROICは投下資本からどれだけ税引後営業利益を生み出したか、CFROIは投下資本からどれだけ営業キャッシュフローを生み出したかを見ています。

この2つは株主と債権者から調達した資金でどれだけ効率よく営業利益やキャッシュフローを生み出しているかを測るので似たような指標です。

しかしROICの方は、営業利益から法人税を差し引く税引後営業利益(NOPAT)を使うことで、より債権者と株主に帰属する利益をどれだけ効率よく生み出しているかを見ることができます。

債権者に対して支払う負債コストは主に金利です。

株主資本コストは、配当やキャピタルゲインの期待要求利回りです。

政策金利が上がると有利子負債のコストが高くなります。

債権の金利が高くなると、株式の投資妙味を確保するために株主が企業に対して求める投資リターンの水準も高くなります。

この負債コストと株主資本コストを加重平均した資金調達コストがWACCで、企業はWACC以上の利回り、すなわちROICを目指す必要があります。

ROIC(投下資本利益率)とCFROI(投下資本キャッシュフロー率)の結果です。

ROICはMorningstar(ValuationのKey Statistics)より作成

米国企業のROICは10%程度が平均で、日本企業は6%程度になりますので、投資効率は日本企業の中では標準的あることがわかります。

尚、ROICは株主と債権者両方の視点が入っていますが、先程のROEは当期純利益を純資産(自己資本)で割ったもので、株主視点の指標であると言えます。

一方、ROAは当期純利益を総資産で割ったものですので、全社的視点の指標であると言えます。

EPS・DPS・配当性向

伊藤忠は減配をしない累進配当を掲げています。

伊藤忠商事

EPSも伸びてきており、配当性向を見てもまだ増配余地があります。

Google Chart Tools サンプル
前年比%2015201620172018201920202021
EPS47%15%26%4%-20%105%
DPS10%27%19%2%4%25%

株主還元

以下は、伊藤忠のフリーキャッシュフローの推移を折れ線グラフで示しており、配当と自社株買いを積上げ縦棒グラフで示しています。

本業で得た資金から設備投資などの支出を差し引いた自由に使えるお金(フリーキャッシュフロー)の範囲内で配当と自社株買いの株主還元を行っていることが分かります。

Google Chart Tools サンプル

有価証券報告書, FCF=営業CF+投資CF

キャッシュフロー(CF)マトリクス

伊藤忠のCFマトリクスを紹介します。

今回SBI証券でまとめられているキャッシュフロー推移を元に2018年~2022年の5年間の営業CFと投資CFデータからCFマトリクスを作成しました。

CFの推移をCFマトリクスで確認することで企業の成熟段階を分析することができます。

以下がその結果です。

CFマトリクスの見方

  • 投資期→安定期→停滞期→低迷期→後退期→破綻期と円を描くような矢印が示されていますが、これは企業の一般的なライフサイクルを示しています。
  • 横軸に営業CF、縦軸に投資CFをとっています。
  • 営業CFがマイナスの場合、ビジネスをすることで損失を出している状態で、プラスの場合はビジネスでキャッシュを得ている状態を指します。
  • 投資CFがマイナスの場合、事業投資をしている状態で、プラスの場合は資産を売却してキャッシュを得ている状態を指します。
  • 点線が営業CF=投資CFのラインになります。
  • CFマトリクス上で点線よりも上に位置している場合、企業のキャッシュは増えていることを示します。

安定期の場合
事業投資も行っているが、ビジネスで儲けた金額の方が大きいことによってキャッシュが増えています。

停滞期の場合
ビジネスでの儲けに加え、資産を売却することでキャッシュが増えています。

低迷期の場合
ビジネスの儲けは損失が出ている状態です。しかし、資産の売却額が本業の損失額よりも大きいため、キャッシュは増えている状態です。

分析期間の5年はビジネスでの儲けが投資額を上回る安定期と、ビジネスでの儲けに加え、資産を売却することでキャッシュが増える停滞期を行ったり来たりしています。

CFは毎年着実に増やしていることが分かります。

今回の内容が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA