【Google Charts】補助目盛線の調整や削除

WordPressにプラグインなしでグラフや図を描くことができる

Google ChartsはWordPressにプラグインなしでインタラクティブなグラフや図を描くことができます。

誰でも無償で会員登録なしに利用できるのも魅力の一つです。

例えば今回の例の散布図の場合、カーソルを合わせたときに吹き出しで詳細な情報を確認できるといった良い点があります。

以下の書籍はGoogle ChartのHTMLファイルのサンプルをインターネットからダウンロードできるのでおすすめです。

同様の書籍は、現時点で筆者の知る限りありません。

Google Chartsのサンプル|補助目盛線の削除

今回はGoogle Chartsの補助目盛線を調整する方法を解説します。

以下の【Before】と【After】を見比べると、【Before】の補助目盛線が【After】ではなくなっていることがわかります。

【Before】

【After】

ソースコードのサンプル

以下が【After】のサンプルのソースコードです。

<!-- Ajax API の読み込み(Googleが提供しているライブラリまでのパス) -->
<script type="text/javascript" src="https://www.google.com/jsapi"></script>

<!-- チャート実装 -->
<script type="text/javascript">
  // Google Visualization APIと“corechart”パッケージの読み込み
    google.load("visualization", "1", {packages:["corechart"]});
google.setOnLoadCallback(drawChart);

function drawChart(){
	// ==================== データ指定(桁区切りはなし) ====================
	var data = google.visualization.arrayToDataTable([
[	'	Ticker	','	増配年数(年)	','	配当利回り(%)	','	分類	','	配当性向(%)	'],
[	'	DOV	',	66	,	1.5	,'	配当王/配当貴族	',	25.9	],
[	'	GPC	',	66	,	2.6	,'	配当王/配当貴族	',	52.5	],
[	'	PG	',	66	,	2.5	,'	配当王/配当貴族	',	62.3	],
[	'	EMR	',	65	,	2.3	,'	配当王/配当貴族	',	42.5	],
[	'	MMM	',	64	,	4.0	,'	配当王/配当貴族	',	61.8	],
[	'	CINF	',	62	,	2.2	,'	配当王/配当貴族	',	20.2	],
[	'	CL	',	60	,	2.4	,'	配当王/配当貴族	',	74.6	],
[	'	JNJ	',	60	,	2.6	,'	配当王/配当貴族	',	57.5	],
[	'	KO	',	60	,	2.8	,'	配当王/配当貴族	',	70.9	],
[	'	LANC	',	59	,	2.7	,'	配当王/配当貴族	',	91.9	],
[	'	ITW	',	58	,	2.3	,'	配当王/配当貴族	',	56.0	],
[	'	HRL	',	56	,	2.3	,'	配当王/配当貴族	',	59.3	],
[	'	FRT	',	54	,	3.8	,'	配当王/配当貴族	',	null	],
[	'	SWK	',	54	,	2.7	,'	配当王/配当貴族	',	37.5	],
[	'	TGT	',	54	,	2.2	,'	配当王/配当貴族	',	29.6	],
[	'	MSA	',	52	,	1.4	,'	配当王/配当貴族	',	342.5	],
[	'	SYY	',	52	,	2.2	,'	配当王/配当貴族	',	96.1	],
[	'	NFG	',	51	,	2.5	,'	配当王/配当貴族	',	35.0	],
[	'	UVV	',	51	,	5.0	,'	配当王/配当貴族	',	88.1	],
[	'	ABBV	',	50	,	3.8	,'	配当王/配当貴族	',	76.6	],
[	'	BKH	',	50	,	3.1	,'	配当王/配当貴族	',	57.5	],
[	'	CSVI	',	50	,	2.6	,'	配当王/配当貴族	',	null	],
[	'	KMB	',	50	,	3.5	,'	配当王/配当貴族	',	65.8	],
[	'	PEP	',	50	,	2.8	,'	配当王/配当貴族	',	59.3	],
[	'	SPGI	',	49	,	1.0	,'	配当貴族	',	22.5	],
[	'	VFC	',	49	,	3.9	,'	配当貴族	',	55.4	],
[	'	WMT	',	49	,	1.8	,'	配当貴族	',	45.3	],
[	'	ED	',	48	,	3.2	,'	配当貴族	',	71.2	],
[	'	NUE	',	48	,	1.5	,'	配当貴族	',	6.5	],
[	'	ADM	',	47	,	1.8	,'	配当貴族	',	28.2	],
[	'	ADP	',	47	,	1.9	,'	配当貴族	',	57.8	],
[	'	MCD	',	46	,	2.2	,'	配当貴族	',	42.5	],
[	'	WBA	',	46	,	4.4	,'	配当貴族	',	19.6	],
[	'	MDT	',	45	,	2.8	,'	配当貴族	',	68.8	],
[	'	PNR	',	45	,	1.6	,'	配当貴族	',	25.2	],
[	'	CLX	',	44	,	3.3	,'	配当貴族	',	125.1	],
[	'	SHW	',	44	,	0.9	,'	配当貴族	',	16.4	],
[	'	BEN	',	42	,	4.3	,'	配当貴族	',	30.1	],
[	'	AFL	',	40	,	2.7	,'	配当貴族	',	23.8	],
[	'	APD	',	40	,	2.6	,'	配当貴族	',	60.4	],
[	'	AMCR	',	39	,	3.6	,'	配当貴族	',	75.9	],
[	'	CTAS	',	39	,	1.0	,'	配当貴族	',	33.5	],
[	'	XOM	',	39	,	3.6	,'	配当貴族	',	57.3	],
[	'	ATO	',	38	,	2.3	,'	配当貴族	',	36.4	],
[	'	TROW	',	36	,	3.8	,'	配当貴族	',	null	],
[	'	CAH	',	35	,	3.6	,'	配当貴族	',	null	],
[	'	CVX	',	35	,	3.2	,'	配当貴族	',	51.9	],
[	'	MKC	',	35	,	1.6	,'	配当貴族	',	51.0	],
[	'	BF.B	',	32	,	1.1	,'	配当貴族	',	43.2	],
[	'	GD	',	31	,	2.2	,'	配当貴族	',	41.0	],
[	'	ECL	',	30	,	1.2	,'	配当貴族	',	51.4	],
[	'	CB	',	29	,	1.6	,'	配当貴族	',	16.9	],
[	'	LIN	',	29	,	1.4	,'	配当貴族	',	57.2	],
[	'	ROP	',	29	,	0.6	,'	配当貴族	',	8.7	],
[	'	AOS	',	28	,	1.8	,'	配当貴族	',	34.4	],
[	'	BRO	',	28	,	0.7	,'	配当貴族	',	18.7	],
[	'	CAT	',	28	,	2.0	,'	配当貴族	',	37.0	],
[	'	WST	',	28	,	0.2	,'	配当貴族	',	7.9	],
[	'	ALB	',	27	,	0.6	,'	配当貴族	',	65.3	],
[	'	ESS	',	27	,	3.1	,'	配当貴族	',	139.0	],
[	'	EXPD	',	27	,	1.1	,'	配当貴族	',	14.5	],
[	'	IBM	',	27	,	4.7	,'	配当貴族	',	104.7	],
[	'	CHD	',	26	,	1.2	,'	配当貴族	',	31.5	],
[	'	NEE	',	26	,	2.2	,'	配当貴族	',	217.7	],
[	'	O	',	26	,	4.3	,'	配当貴族	',	288.8	],
[	'	AWR	',	66	,	1.8	,'	配当王	',	60.4	],
[	'	NWN	',	66	,	3.5	,'	配当王	',	77.8	],
[	'	PH	',	66	,	1.9	,'	配当王	',	33.9	],
[	'	LOW	',	60	,	2.1	,'	配当王	',	25.9	],
[	'	NDSN	',	58	,	0.9	,'	配当王	',	24.7	],
[	'	FMCB	',	57	,	1.7	,'	配当王	',	null	],
[	'	ABM	',	54	,	1.6	,'	配当王	',	40.9	],
[	'	CWT	',	54	,	1.8	,'	配当王	',	47.5	],
[	'	SCL	',	54	,	1.2	,'	配当王	',	21.3	],
[	'	SJW	',	54	,	2.3	,'	配当王	',	67.7	],
[	'	TR	',	54	,	1.1	,'	配当王	',	36.5	],
[	'	CBSH	',	53	,	1.5	,'	配当王	',	18.4	],
[	'	FUL	',	53	,	1.0	,'	配当王	',	22.3	],
[	'	MO	',	52	,	6.7	,'	配当王	',	212.7	],
[	'	GWW	',	51	,	1.4	,'	配当王	',	29.0	],
[	'	LEG	',	51	,	4.5	,'	配当王	',	56.8	],
[	'	ABT	',	50	,	1.6	,'	配当王	',	42.3	],
[	'	BDX	',	50	,	1.4	,'	配当王	',	52.2	],
[	'	PPG	',	50	,	1.8	,'	配当王	',	52.0	],
[	'	TNC	',	49	,	1.6	,'	配当王	',	37.1	]







	]);
	// ================= オプションの指定 =================
	var options = {
		title: '増配年数と配当利回り',// グラフのタイトル
		titleTextStyle: {fontSize:16},
        legend :{ position: 'top'},
		bubble: {
			opacity:1,
			textStyle: {fontSize:10}
		},
		sizeAxis: {maxSize:5, maxValue:10000, minSize:5, minValue:0},
		hAxis: {title: '増配年数(年)',  format:'###', minValue:25,maxValue:70,
                       minorGridlines:{count:0}}, // Y軸の説明,
		vAxis: {title: '配当利回り(%)', format:'###', minValue:0,maxValue:7,
                       minorGridlines:{count:0}}, // X軸の説明
                backgroundColor: '#e8e1c9',// グラフエリアの色
                chartArea:{backgroundColor: '#FFFFFF',right:30,width:'80%',height:'80%'}// プロットエリアの色とサイズ
	};
	// =================== グラフの描画 ===================
	var chart = new google.visualization.BubbleChart(document.getElementById('graph1'));
	chart.draw(data, options);
}

</script>

<!--  グラフの描画エリア -->
<center><div id="graph1" style="width:100%; height:600pt;overflow: auto;">
	            <!-- ここにチャートが描画されます。 -->
</div></center>

横棒グラフの項目名の文字サイズを調整する

【Before】は特に何も設定しなかったときの、補助目盛りが自動挿入されている状態です。

一方で【After】では補助目盛りをなくしています。

【After】の【Before】とのソースコードの違いは、以下の縦軸と横軸のオプション設定で赤線部分が追記された点にあります。

// ================= オプションの指定 =================
var options = {
// ================= 省略 =================
hAxis: {title: '増配年数(年)',  format:'###', minValue:25,maxValue:70,
    minorGridlines:{count:0}}, // Y軸の説明,
vAxis: {title: '配当利回り(%)', format:'###', minValue:0,maxValue:7,
       minorGridlines:{count:0}}, // X軸の説明
// ================= 省略 =================
	};

minorGridlines:{count:0}」は補助目盛線の設定を変更するキーであるminorGridlinesで以下のキーとそのを記述します。

キー初期値指定内容
color色指定‘#CCC’目盛線の色
count数値目盛線の数

このようにキーを一つのペアとして扱うことを連想配列といいます。

JavaScriptでは連想配列で指定する場合、全体を{ }で囲み{キー:値}という形式でオプションを指定します。

尚、今回の例では補助目盛線の数を「0」に変更し、補助目盛線を非表示にしています。

今回の内容が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA