【オカメインコ】食欲不振療養中

我が家ではオカメインコを飼っています。

家族全員初めてということもありますので、このブログでは教科書的なことよりも我が家の場合の気づきやその時感じた疑問点について取り上げていきたいと思います。

オカメインコにも個性がありますので、あくまでも一例として捉えていただきたいと思います。

まず今回の記事の内容にも関わってきますので、前提条件として筆者が飼っているオカメインコのプロフィールについて改めて紹介します。

パールパイドのプロフィール

名前はマイキーちゃんといいます。

我が家に迎え入れて2ヶ月近くになります。

4月生まれ(月は分かるが、日は不明)の2~3ヵ月齢のオカメインコです。

パールパイドという種別です。

体重は本日朝の記録で100gでした。

順調に成長しており、体重も増えています。

さし餌も卒業しています。

餌などに気が散っていなければ名前を呼ぶと飛んできて上手に肩にとまることがあります。

落ち着きがなく、食欲旺盛で、よく呼び鳴きをして、声も大きいです。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドのプロフィール

名前はハクちゃんといいます。

マイキーちゃんと同じペットショップから迎え入れましたが、ショップ店員いわくマイキーちゃんよりも半月ほど後に生まれたとのことです。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドという種別です。

体重は本日の朝食前の記録で74gでした。

落ち着いており、マイキーちゃん程ではないですが、肩に乗ってくれるようになったりと徐々に心の距離を近づけている状況です。

体重は中々増えず、食が細く、たまに咳き込むような様子が見られるため、先日病院に連れていきました。

診察の結果は以下のようなものでした。

  • そのうの状態が良くない
  • 飢餓便が出ている
  • 菌や寄生虫はいない
  • 痩せている

触診でそのうの状態が良くないのが分かったらしく、これを治せば食欲も上がるのではないかとのことで、療養生活をスタートしました。

今回は、このハクちゃんについての更新です。

餌を食べるしかない環境作

ケージの中の止り木や遊び道具は全て取り除き、餌を食べるしかない環境を作るようアドバイスを受けました。

また、歩けば足に餌が当たり、拾い食いができるよう、餌をもっと床に撒いたほうが良いとのことで、早速実践をしてみました。

その結果、これまではケージの中の止り木や遊び道具にとまり、じっとしていることが多かったのですが、上記の様に環境を変えた結果、様子を見る度に拾い食いをしてくれるようになりました。

獣医師さんはまだ遊び道具は早いかなと言っておられましたが、環境を変える効果は今のところ実感できています。

体重も夕食後には82gと朝食前の74gから大きく増えました。

引き続き継続したいと思います。

薬の苦味は結構分かるみたい

薬(食欲増進剤や抗生剤などを混ぜたもの)を水に混ぜて出していたのですが、上の写真のように水の色も黄色くなり、あまり飲んでいない様子だったので、さし餌に混ぜて与えてみました。

普通のさし餌と薬を混ぜたさし餌2つを準備してみましたが、味の違いが分かるらしく、薬入りの方だけあまり食べませんでした。

これで、餌に対する恐怖心を持たれるのも少し心配になりました。

薬は中々飲んでくれませんが、ケージの中の環境を変えることで、積極的に餌をを食べるような様子が見られるようになったのは良い兆しです。

以下の記事でも記載しましたが、生後1年以内に落鳥するケースも多いらしいので、今を踏ん張れるようにできることはやっていきたいと思います。

【オカメインコ】食欲不振の診断結果は?

食欲不振の原因(診断)と経過は?

今回の食欲不振の原因が最終的に特定され診断名がつきました。

診断されるまでの症状と診断された後の経過、その時専門医から受けたアドバイス、筆者が講じた対策について改めてまとめますので以下の記事を参考にしてください。

【オカメインコ】メガバクテリア診断前後の症状と経過まとめ

今回の内容が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA