【Excel】日付から年だけを取得するYEAR関数

今回はエクセルのセルに入力された日付から年だけを取得するYEAR関数について解説します。

YEAR関数

日付(シリアル値)から年を取り出す関数です。

戻り値は、1900 (年) ~ 9999 (年) の範囲の整数となります。

関連して、日付から月を取り出すMONTH関数、日を取り出すDAY関数があります。

今回はYEAR関数について解説します。

書式

=YEAR(シリアル値)

引数

引数はシリアル値で必ず返します。

※シリアル値

シリアル値とはExcelの日付や時刻の計算に使用されるコードのことです。

1900年1月0日をシリアル値「0」、1900年1月1日をシリアル値「1」として1日毎に1加算します。

例えば「2008 年 1 月 1 日」は「1900年1月1日」から39448日後になるので、シリアル値は「39448」になります。

使い方

A1に入力された日付の年をB1に返します。

B1に「=YEAR(A1)」と入力すると、A1で入力された日付の2020(年)が返されます。

 日付は、DATE 関数を使って入力することも可能です。

DATE関数については以下の記事を参考にしてください。

【Excel】日付データに変換するDATE関数の使い方

上の図の様に引数のシリアル値をDATE関数を用いて入力すると、以下の図のように2020年1月31日の2020(年)が返されます。

Excelを一度体系的に学ぶと、目に見えて生産性が飛躍的に向上します。

MOS Excel※は資格の取得、及び資格取得までのプロセスを通じて体系的にExcelスキルを身につけることができますのでコスパが良くおすすめです。

※Microsoft Office Specialist(MOS)ExcelはExcelの利用能力を証明する世界的な資格です。

筆者は「スペシャリスト(一般)」と「エキスパート(上級)」両方を取得して体系的にスキルを身に着けました。

MOS試験対策でどのテキストを使うべきか悩まれる方も多いのではないかと思いますが、以下がおすすめです。

今回の内容が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA