【オカメインコ】落鳥

我が家ではオカメインコを飼っています。

家族全員初めてということもありますので、このブログでは教科書的なことよりも我が家の場合の気づきやその時感じた疑問点について取り上げていきたいと思います。

オカメインコにも個性がありますので、あくまでも一例として捉えていただきたいと思います。

まず今回の記事の内容にも関わってきますので、前提条件として筆者が飼っているオカメインコのプロフィールについて改めて紹介します。

パールパイドのプロフィール

名前はマイキーちゃんといいます。

我が家に迎え入れて2ヶ月近くになります。

4月生まれ(月は分かるが、日は不明)の2~3ヵ月齢のオカメインコです。

パールパイドという種別です。

体重は本日朝の記録で95gでした。

順調に成長しており、体重も増えています。

さし餌も卒業しています。

食欲旺盛で、飛ぶのもかなり上手になりました。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドのプロフィール

名前はハクちゃんといいます。

マイキーちゃんと同じペットショップから迎え入れましたが、ショップ店員いわくマイキーちゃんよりも半月ほど後に生まれたとのことです。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドという種別です。

体重は中々増えず、食が細く、たまに咳き込むような様子が見られていたため、病院に連れて行き、療養中でしたが、再び体調が悪化し、以下のような状態が気になったため3回目の動物病院に連れて行くことにしました。

  • 鳴き声が出なくなる
  • 開口呼吸
  • 傾眠
  • 食欲不振
  • あまり動かない

3回目の通院で原因の一つが分かり、AGY・メガバクテリアが検出されました。

食欲不振や体重減少はこのAGYが原因とのことです。

厄介なことにハクちゃんの場合、このAGYに加えて呼吸器系にも問題があるようです。

今回は、このハクちゃんについて経過の更新です。

落鳥

昨日、残念ながらハクちゃんは落鳥してしまいました。。。

我が家に迎え入れてから1ヵ月程で落鳥してしまいました。

亡くなった時は仕事をしていたため、死因は不明でしたが、落鳥日は口を開けて苦しそうに呼吸をしていてかわいそうでした。

落鳥日朝の体重も72gまで落ちていました。

ハクちゃんは獣医師から消化器と呼吸器のダブルパンチ状態と言われていました。

AGYの症状には嘔吐もありますが、嘔吐物が気道をつまらせ、死に至るということもあるようですし、気道が詰まれば30秒後には死ぬと獣医師には言われていました。

非常に危険な状態ではありました。

インコはさし餌卒業までの落鳥率が高いと言われており、ハクちゃんはさし餌を卒業できるかどうかの境目でしたが、卒業するまでに落鳥してしまいました。

近くで見ていた感じでは、呼吸器の問題の方が致命傷だったように感じます。

病態もここ数日で急速に悪化していました。

ハクちゃんがいなくなってからマイキーちゃんの呼び鳴きが増えたように感じます。

寂しいですが、天国では元気に過ごしてもらいたいです。

短い間でしたが、よく頑張ったね。

ハクちゃんについての更新は今回が最後とさせていただきます。

メガバクテリア診断前後の症状と経過まとめ

オカメインコのメガバクテリアについて診断されるまでの症状と診断された後の経過、その時専門医から受けたアドバイス、筆者が講じた対策について改めてまとめますので以下の記事を参考にしてください。

【オカメインコ】メガバクテリア診断前後の症状と経過まとめ

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA