【オカメインコ】AGY・メガバクテリア

我が家ではオカメインコを飼っています。

家族全員初めてということもありますので、このブログでは教科書的なことよりも我が家の場合の気づきやその時感じた疑問点について取り上げていきたいと思います。

オカメインコにも個性がありますので、あくまでも一例として捉えていただきたいと思います。

まず今回の記事の内容にも関わってきますので、前提条件として筆者が飼っているオカメインコのプロフィールについて改めて紹介します。

パールパイドのプロフィール

名前はマイキーちゃんといいます。

我が家に迎え入れて2ヶ月近くになります。

4月生まれ(月は分かるが、日は不明)の2~3ヵ月齢のオカメインコです。

パールパイドという種別です。

体重は本日朝の記録で98gでした。

順調に成長しており、体重も増えています。

さし餌も卒業しています。

落ち着きがなく、食欲旺盛で、よく呼び鳴きをして、声も大きいです。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドのプロフィール

名前はハクちゃんといいます。

マイキーちゃんと同じペットショップから迎え入れましたが、ショップ店員いわくマイキーちゃんよりも半月ほど後に生まれたとのことです。

ホワイトフェイス・シナモン・パールパイドという種別です。

体重は本日の朝食前の記録で73gでした。

体重は中々増えず、食が細く、たまに咳き込むような様子が見られていたため、先日病院に連れて行き、現在療養中です。

数日は状態が少し良くなっている感じだったのですが、昨日、体調が悪化し、本日時間外で再度動物病院に連れて行くことにしました。

以下のような状態が気になっていました。

  • 鳴き声が出なくなる
  • 開口呼吸
  • 傾眠
  • 食欲不振
  • あまり動かない

今回は、このハクちゃんについて経過の更新です。

AGY・メガバクテリア

3回目の通院の今回で原因の一つが分かり、AGY・メガバクテリアが検出されました。

厄介な感染症らしいのですが、インコにとっては珍しいものではないようです。

食欲不振や体重減少はこのAGYが原因とのことです。

検査内容(そのう液検査、便検査)自体は前回と変わりませんが、今回の検査でAGYが初めて分かりました。

AGYは親鳥からヒナへ垂直感染するようで、免疫力低下と共に発症するようです。

ですので、ブリーダーの飼育下でAGYに感染し、免疫力が低下したここ数日で症状として強く現れた可能性があります。

最初は個性なのかなと思っていましたが、もう一羽のマイキーちゃんと比較して、餌の食いつきは飼い始めたときから悪い状態でした。

厄介なことにハクちゃんの場合、このAGYに加えて呼吸器系にも問題があるようです。

AGYの症状には嘔吐もありますが、嘔吐物が気道をつまらせ、死に至るということもあるようです。

2羽のケージは分けることに

AGYは親鳥からヒナへ垂直感染か、AGYを含む排泄物を誤って餌とともに食べてしまったときに感染するようです。

たまに相方のマイキーちゃんとケージを同じにする時がありましたが離すことにしました。

注射してもらった薬のおかげで、病院から帰ってきた後は昨日よりは活動的で食欲も回復しているように見えます。

しかし、一時的な可能性があり、呼吸器系と消化器系のダブルパンチで余談を許さない状況です。

今回の経験で学んだこと

今回の経験で学んだことは以下です。

1回の検査では分からないことも

AGY・メガバクテリアは1、2回の検査では検出されないことがあります。
ハクちゃんの場合は、免疫が落ちて体調の急激な悪化が見られた3回目の通院で検出されました。
オカメインコの体調変化で気なった場合できるだけ早く専門医に見せること、さらに1回の通院で経過良好と判断されても、その後の体調変化があった場合、1回目の専門医の判断に関わらずできるだけ早く再診を受けたほうが良いでしょう。

鳥専門医に診てもらいましょう

ハクちゃんの場合、そのう液や、排泄物の検査をしてAGYが潜伏していることが分かりました。

そのような検査まで対応してくれる鳥専門の動物病院を見つけた方が良いでしょう。

筆者が連れて行った動物病院は鳥の専門医がいたのでそこまでしてくれましたが、最初に連れて行った動物病院ではそこまでの対応はされませんでした。

感染対策

筆者のように2羽を飼っている場合、AGYが排泄物を経由してもう一羽に感染する場合もありますので、ケージを速やかに分けた方が良いでしょう。

メガバクテリア診断前後の症状と経過まとめ

オカメインコのメガバクテリアについて診断されるまでの症状と診断された後の経過、その時専門医から受けたアドバイス、筆者が講じた対策について改めてまとめますので以下の記事を参考にしてください。

【オカメインコ】メガバクテリア診断前後の症状と経過まとめ

今回の内容が参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA