【ビジュアルで理解】貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)の関係

貸借対照表(BS)と損益計算書(PL)のつながりをビジュアルで解説

日経電子版で損益計算書(PL)と貸借対照表(BS)のつながりについて、動画でわかりやすく解説されていましたので内容をまとめてみました。

PLとBSは以下の資産、負債、純資産、費用、売上の5つの箱で考えると分かりやすいです。

左側の資産+費用、右側の負債+純資産+売上高は常にイコールになるように記録されていきます。

銀行からお金を借りれば負債と資産にお金が入るように1つの取引が2つの箱に影響を与えながら左右で釣り合いを取っていきます。

このタイミングで5つの箱では左右で同額になりますが、BSだけで見るとバランスしていません。

決算のタイミングで売上高から費用を引いた純利益が繰越利益剰余金として純資産の箱に移動し、あらためてBSだけでみても左と右でバランスするように調整されていきます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した内容は簿記の3級から扱われる内容になります。

簿記に興味がある方は、クレアールで体系的に学ばれることをおすすめします。

クレアールは資格のWebスクールで簿記をはじめ、13種類の国家資格、各種検定を扱っています。

Webで受講ができて、資格スクールの中でも受講料が良心的です。

筆者もクレアールで学び、簿記を取得しました。

興味のある方は以下より、無料で資料請求することができます。

資格★合格クレアール
バリュープライスで資格試験の合格を目指せる映像講義

講義サンプルDVDや詳細資料を無料で取り寄せることができますので、クレアールで学ぶか、他の資格スクールなどで学ぶか十分に判断することができます。

今回の内容が参考になれば幸いです。

参考

入社1年目で知っておきたかった会計の基礎知識(日本経済新聞)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA